脱毛のアフターケアは大事

脱毛のアフターケアは大事

私は5年ほど前に永久脱毛をしたので、ここ数年はムダ毛に悩むことはなくなりました。
自分でムダ毛する時間の無駄がなくなったし、肌も綺麗になったしと脱毛するに当り相当なお金を使ったのですが、
これは本当にやってよかったと思える自己投資です。

 

しかし、脱毛する前の私は肌もボロボロで本当に酷かったのです。
それは、カミソリで処理していた足の事なのですが、年中粉を吹いたかのように乾燥していたのです。

 

冬は乾燥して、ジーンズの上からボリボリと掻きすぎて痣が出来たこともあります。
永久脱毛するときに、サロンの人にそのことを話すと、カミソリで処理する場合はアフターケアとして保湿をしっかりしなくてはならないと言われました。

 

そんな感じだったので、自分はてっきり乾燥肌だと思っていたのです。
しかし、永久脱毛して今は年中お肌がしっとりツヤツヤしているので、やはりカミソリの処理がいけなかったのでしょう。
そして、アフターケアをしなかたのが余計それを悪化させていたようです。

 

今は自分でムダ毛を処理することはほとんどありませんが、永久脱毛で生き残った毛が少し残っています。
そのわずかなムダ毛を処理したあとでも、必ず保湿ローションを塗るようにしています。

お洒落の基本

私は脱毛は、お洒落の基本だと思っています。
やはりどんなにかわいい洋服をきて、素敵なバッグをもってお洒落をしたところで、やはりむだ毛が見えてしまったりしたら、
いきなりマイナス評価になってしまいます。

 

お化粧をきちんとするように、むだ毛はやはり“むだ”な訳ですから、そこからきちんと手入れをすると気持ちよくお洒落もできると感じています。
とは言っても、やはりむだ毛のケアは自分で始めること…。

 

いきなり脱毛サロンにいく10代の子は少ないのではないのでしょうか?
それで自己処理をすることで毛穴が黒くなってしまったり、綺麗に脱毛しきれない現象が起こります。

 

これはかなり自己処理を続けてしまった後にありがちですが、本当だったら最初にむだ毛を処理しようというときに、
保護者にも相談をして脱毛サロン等にいければいいのになと思います。
けれども脱毛処理に関してはやはりジェネレーションギャップ等もあるので、難しいのかもしれませんね。

 

私の場合はかなり自己処理を続けてから脱毛サロンに行きましたから、やはりそんなに綺麗になった訳でもありません。
でも、しないよりはずっといいので満足はしています。

 

そして、脱毛をしてからは気分よくノースリーブを着たり、旅行に行けたりすることが、なんだか気分がいいですね。
もっと早く脱毛をきちんとしておけばよかったなと思っています。